スポンサードリンク

さくら・さくらんぼ保育の5月~ぞうきん~

さくらさくらんぼ保育

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うちの娘たちが通う保育園では

毎日雑巾がけをします。

一休さんが廊下をたったったった~~~~

と雑巾がけするような、ちょうどあんな感じで。

1歳児は大人のマネっこ。

2歳児はまだ”たったったった~~~”と走れない子も

多いけれど、形になってくる時期。

3歳児4歳児5歳児になると、大きな部屋を端から端まで

年齢の数だけ往復することになっています。

毎日の雑巾がけで、身体を作っていく。

普段やりなれない大人(アタイのことです)

は片道走っただけで、「足いて~~~(/_;)」って感じで

休憩しながらでないと、できないです(;´∀`)

すごいよ、子ども達は。

 

そしていよいよこの時期がやってきました。

手先の細かい作業が出来るようになるのが、この頃だということで

さくら・さくらんぼ保育では

年長になると、自分の雑巾を自分で縫います(^O^)

 

うちの娘はおととい~昨日にかけて、1枚の雑巾を縫い上げました。

担任に後から聞いた話。

おとといの初日。

最後の玉止めが何度やっても、うまくいかなくて

変な場所に糸が結ばれてしまっては糸をチョキン→やり直し

を4回繰り返したところで、給食の時間になり、

涙を流したんだそうです。(母にはそんなことは一言も)

ここで嫌になるかもしれない、なったらそれはそれで支えよう。

と担任は思っていたそうだけど

彼女はお昼ね起きたら頑張る、と。

そして有言実行。

おとといは私がお迎えに行く6時まで、

本当にお昼ごはんとお昼ねとおやつの時間以外ずっとやっていたみたい。

すごいと思います。

こういう馬力というか集中力というか、、

ぜんぶぜんぶ、保育園で育ててもらったなぁって本当に思います。

▼真っ白の雑巾が年長さんが新しく作ったもの。輝いてるね~~

さくらさくらんぼ保育

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちなみに緑の布に絵が描いてあるのは自分のものが分かるようにマークです。
(※さくら・さくらんぼ保育では幼児の間に知的教育(ここでは文字)をしません。知的な勉強よりも身体や心の土台作りを大事にしています。)

この雑巾が真っ黒になるのが楽しみ~(多分、すぐになる(笑))

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎