スポンサードリンク

土屋鞄のランドセル徹底検証~本物志向のランドセル選び②~

tsuchiya

出典:http://www.tsuchiya-randoseru.jp/products/detail/5/?color=30

 

本気のランドセル選び、スタートのつづきです。

さて、ランドセルといえば、言わずと知れた『土屋鞄製造所』

 

どうしてそんなに人気があるの?!

 

正直、少し疑問に感じていました。

いや、好きとか嫌いとかじゃなくて、ただただ疑問に。

ブランド力??なのか???

 

うちの姉も、土屋鞄のランドセルを子どもに持たせていて

お店見に行くのに付き合ったことがあるし、

何より、なんでそんなに人気があるんだろう?と思うのは

フェイスブックで繋がっているお友達で

『土屋鞄のランドセル』にいいね!をしてる人がとても多いんだよね。

 

別に見たくなくても勝手に出てくるわけよ、広告が。

しかもいいね!してる人数がどんどん増えていくのね。

ワタシもお年頃やからなのかなぁ(母親として)。

 

まっ、なんで?なんで?

と言っていても仕方ないので、実際に検証してみよう♪

 

土屋鞄のランドセルを徹底検証

どうやって検証するか?

とりあえずホームページですな(*´▽`*)

隅から隅までみてやろうじゃないですか(どんだけ上目線)

 

*******************************
【創業】
昭和40年(現在創業50年)

【創業者】
土屋國夫

【創業者の思い】
品のある落ち着いたものを作りたい

【土屋鞄のこだわり】

  • 丈夫さと美しさが一番の要
  • ひとつひとつの縫製ライン、ふたのカーブなどのさりげない部分まで
    もっとも美しく見えるラインを取り入れ、徹底的に丁寧に仕上げている。
  • 6年間型崩れすることなく使えるよう、隅々まで心を配り手作業を施すことで
    丈夫なランドセル作りを実現している。
  • 背当てを肩ベルトには二重構造をほどこし、背負いやすさを追求

【配色】
シックで大人っぽい色合いで6年生になっても飽きのこない派手すぎない配色を大切にしている。

【他の機能】

  • 肩ベルトは8段階調整可能
  • A4ファイルOK
  • 人工皮革のクラリーノ、天然皮革の牛革・コードバンは防水加工(ヌメ革は×)
  • 開け閉めは昔ながらのこわれにくいマグネット錠
  • 肩ベルトにフックがついており、防犯ブザーがかけられる。

【6年間修理サポートあり】
修理中の代替ランドセル貸出あり。

【価格】(軽い順)

  • クラリーノ・エフ¥53,000~63,000
    重量:1130~1140g

※軽くてしなやかな人工皮革

  • 牛革 ¥60,000~70,000
    重量:1320~1340g

※土屋鞄の中で一番人気☆

  • ヌメ革 ¥81,000
    重量:1350g
  • コードバン ¥87,000~100,000
    重量:1370~1390g

※コードバンとは、農耕馬のお尻の皮をなめした高級皮革のこと。
手触りはきめ細やかで張りがあり、うっとりとするほど滑らか、なんだとか。

  • 軽井澤 ¥140,000
    重量:1550g

※牛さんのすごーく貴重な部位を使って、すごーく丁寧に作ったそうな。

*******************************

 

以上。

土屋鞄のランドセル~私の感想~

シックで上品。
大人が気に入るスタイルを徹底的に追及している感じをうけました。
もちろん、使い心地にもこだわっています。

ブランディング力がすごいなーーー。

 

ちなみに・・うちの子、実は小学校まで30分~40分ほど歩いて通うことになります。
(いや、実際のところ、小学校1年生の下校ではもっとかかる気がします)

本当はヌメ皮なんて素敵やな~(*´▽`*)ポヨヨーン

なんて思うのですが、

やっぱりランドセルは「軽い」方がいいのかなぁ・・と考えています。

 

という個人的な理由で【価格】のところを軽い順に並べさしてもらいました(;´∀`)

 

さぁ、ちょっとピッチ飛ばして、他のランドセルメーカーも検証していきたいと思います。

[目標]8月までには決めるぞ!!

で頑張りまーーす(^O^)/

 

あぁああ!!ちなみに土屋鞄のランドセルは明日(2014/6/26)が

注文受付開始日なようです!!

詳しくはHPをご覧くださいませ→土屋鞄のランドセル

 

土屋鞄のランドセル、予約開始~本物志向のランドセル選び③~へつづく

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎