スポンサードリンク

ガルソンのランドセル徹底検証〜本物志向のランドセル選び⑦〜

鞄工房山本のランドセル徹底検証~本物志向のランドセル選び⑥~のつづきです。

 

先週末、ガルソンさんのランドセルを見にお店へ行ってきました。

ガルソンさんは、埼玉では知る人ぞ知る

有名老舗ランドセルメーカーです。

広告費をかけないことで

上質なわりに価格が抑えられており

口コミでどんどん広がっていったんだそうな。

ホームページもシンプルだけど、

伝えたいところは伝えている!

という感じで、とても好感がもてます。

が・・少し情報量が少ない?!

というわけで実際会ってお話を聞いてきました(^^)

ガルソンのランドセルを徹底検証

【創業】
昭和50年(1975年)

【発祥】
埼玉県

【店舗】
埼玉県

【ガルソンのこだわり】

  • ガルソンのランドセルは一つ一つがオーダーメイドです。

【その他の機能】

  • 肩ベルトの取り付け金具は可動式で抜群の背負い安さ。
  • A4クリアファイルOK。

【6年間修理サポートあり】

送料を含めて無償で修理

修理期間中の代替ランドセルあり

【価格】(軽い順)

  • 人口皮革 ¥31,500~34,000(税込)
    重量:1200g
  • 牛革(ボルサ) ¥41,500~44,000(税込)
    重量:1400g

※ボルサとは牛革に特殊加工を施したもので
本革のしっとりさと丈夫さを併せ持ち
傷もつきずらく、雨にも強いガルソンのオリジナル素材です。

 

ガルソンのランドセル~わたしの感想~

ガルソンさんのランドセル、やはり魅力は”価格”ですね。

そして、牛革だけど雨にも強いところが嬉しいです。

先週末(7月半ば)お店に訪れてみました。

必要最小限の小さなお店です。

中はごった返していましたが、質問したことに対して

お店の方はとても丁寧に応えてくださりました。

 

聞きたかったこと①→重量。

小学校が遠い我が家にとっては、重量はとても気になるところです。

上にも書いていますが、牛革(ボルサ)が1400g、クラリーノが1200g、とのことでした。

 

聞きたかったこと②→来年入学の場合、いつまでに注文すべきか?

8月中ごろ~末には注文してほしい、とのことでした。

(ちなみにホームページに載っていますが、納品までに4か月かかります)

 

聞きたかったこと③→給食袋などをひっかける、サイドのナスカンは、

負荷がかかると自動的に外れるようになっているか??

他社で、それを売りにしているところもあり、ガルソンでも以前は採用していたのだが

最近は、サイドに紐の長いモノをぶら下げることは減っており

事故が起こったこともない。

逆にひっぱると簡単に外れてしまうため、ガルソンでは固定のナスカンに戻したそう。

ただし、要望があれば、外れるタイプのナスカンに変更することも可能(追加料金なし)。

 

 

ちなみにうちの娘が一番気に入ったのは、”水色”のこのランドセル~~

 

ガルソンさんのホームページではオーダーメイドのシミュレーションもできて

楽しいので、ぜひお試しあれ~~(^^)/

ガルソンのランドセル公式サイトはコチラ>>

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎