スポンサードリンク

エシカルファッションを楽しもう!

エシカルファッションとは

「エシカル」とは、「道徳、倫理上の」という意味です。

環境、労働環境、貧困地域の支援、産業復興などを視野にいれた

生産過程で作られたお洋服や小物を選ぶオシャレ、

と言ったところでしょうか・・。

 

具体的には、

  • 環境負荷がより低い、天然素材、リサイクル繊維などを使用すること。
  • 化学染料を使用せず、天然染料を使用して繊維を染色する。
  • 不当な労働や搾取(低賃金の過酷労働)をなくし、公正な貿易を行う(フェアトレード)。
  • 伝統的な技術を取り入れる。
  • 地域に根差した物づくり。
  • 捨てられるはずだったものをリサイクルして活用する。
  • 動物の実験などを行わない(動物の権利に配慮)

 

一般的にこれらの点を配慮して作られた商品と言えるかと思います。

つまり、”人・社会・自然環境想い”のオシャレかな?

昔は、これが当たり前だったんですよね~。

自然の素材を使って、自分が必要な分だけ、購入、もしくは手作りして。

本当は、わざわざこういうオシャレを「エシカルファッション」だなんて呼んで

特別扱いすること自体が、おかしいんだよなぁ、と思います。

そこから言えば、「自然派」という言葉もおかしいなぁ、と常々思っているんですが・・(^-^;

本来、”自然”なことが普通なはずなのに、

なんか”普通”がすりかえられちゃったのが、今の世の中なのかなぁと。。

 

エシカルファッションの反対は?

じゃ、エシカルファッションの反対はなんなんでしょうね?

いわゆる「ファストファッション」というやつでしょうか・・?

安いお洋服を沢山買って、傷んだら捨てる。。

って、必ずしもすぐに捨てられているとは限らないですが。

 

「ファストファッション」の問題点といえば、

過去にあった、二つの事実が思い出されます。

 

ひとつは、GAPのインドネシアでの川の汚染問題ですね↓2年ほど前のことです。

GAP汚染

出典:http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/gap/blog/44870/

詳しくは、GREENPEACEさんのサイトを参照してくださいm(__)m

 

うぅっ。あまり見たくない写真だったかも?

【閲覧注意】つけるべきだったでしょうか(/_;)

 

こんな風に汚染された川の近くで育っている子ども達がいるんですよねー、実際に(T_T)

しかもGAPだけではなく、日本の多くの企業が、外国でこれと類似したことをやっているのかもしれないと

思うと、本当に買うものはよく選ばないといけないなぁと思います。

ちなみにGREENPEACEさんの働きかけにより、ユニクロ(ファーストリテイリング)は

2013年1月に

2020年までにすべての有害化学物質の使用・排出をゼロにする「デトックス宣言」

を発表しているそうです。

ファストファッション系メーカーだと、H&MやZARAもすでにデトックス宣言を行っています。
(取り組みの進捗はメーカーによりけりだと思いますが)

 

そしてもう一つの事実が

2013年4月のバングラデシュでのビル崩壊事故。

この事故での死者は1200人以上、重軽傷者は2300人、行方不明者500人と言われています。

この事故は本当に衝撃的でした。

世界のアパレルメーカーのうち、低価格・大量販売の商品はほとんど

バングラデシュで作られているんだそうです。

2000年以降のファストファッションブームで世界中からの

発注が急激に増加したため、

このビルはもともと4階建てだったところを9階まで継ぎ足していたらしい。。

 

私が買った、この一枚があの企業を支援している。つまりは遠い国で

誰かの命を奪っていることにつながっているかもしれない。

 

その事実に向き合って、物を選ぶ目を

しっかりと育てていかなければなぁーと思います。

 

エシカルファッションをたのしもう!

さてさて、人と環境にやさしい「エシカルファッション」ですが

私、どうも好きなメーカーさんがなかなか見つけられないでいるのです(^-^;

大御所のフェアトレード専門ブランド【ピープル・ツリー】さんなんかは

近いとこ行ってる!(上目線かっ笑)と思う時もあるんですが

どうも、買いたいと思うまでのものがなかなか・・(^-^;

そもそもいわゆる「エシカルファッション」って、

ナチュラル系やエスニック系のものがほとんどなんですよね。

私が、好きなのは、もうちょっときっちり系?(雑誌でいうとVERYとか好き♡)

 

それで、最近思うこと、

 

ひとまず素材そのものの生産過程まではこだわらない。
(つまり、お洋服の生地で言うと、生産時に農薬を使っていないか、とか)

 

少なくとも、

その商品自体の生産過程で労働者を搾取していないか

そして、

環境を汚染していないか

 

まずはその辺を考えて、もう少しおしゃれ自体をたのしもう♪と。

 

そうすると、結局私は、

日本国内で、手作りで丁寧に作っておられるものを応援したい

というところに行きつきました(^^)/

 

 

という訳で、実は最近すてきなすてきなワンピースをセミオーダーメイドで作ってもらいました(^^)

じゃじゃーん♪♪(なんか後ろにいらんもん色々写ってるし・・)
azuワンピース

azuワンピース

azuワンピースさんのサイトはコチラ→☆☆

 

azuさんがこだわって選んでおられる生地の中から好きな生地を選ぶのですが

これが、素敵な生地が盛りだくさんでかなり迷いました(^-^;

普段モノトーン系が多いので、冒険したい!と思っていたのだけど

結局選んだのは、紺地の水玉ってゆう・・(^-^;

私が作ってもらったのは、上下で生地を変えてもらっていますが、

同じ柄ももちろん可能です。

 

そして

襟ぐりのあき具合、

袖の長さ(腕が出せる方はノースリーブめっちゃ可愛い!)、

肩幅、

スカート丈の長さ、

フレアの拡がり具合、

 

などなど、一つ一つ事細かに自分で決めていくことができます。

 

ところで、私、右腕の方が少し太いのですが、
(中学の頃にバドミントンをやっていたから?)

試着してみると、左はいい感じなのだけど

右が少し窮屈・・

というわけで、なんと右腕だけ少し太くして作ってもらいました!!

(セミ)オーダーでお洋服を作る、と言うこと自体が初体験だったので

これには感動してしまいました。

 

人には多分絶対分からないんだけれど、

お洋服を着た時になんかストレスに感じる部分ってありますよね。

肩幅が広い、とか、腕が太くて何着てもパツパツ、とか(←私のことです)

スカートの丈についても、自分が好きな絶妙なラインがある方もおられるんではないでしょうか。

 

自分の身体の形に合わせてお洋服を作る

って、身体のラインを綺麗にみせてくれるのはもちろん

ノンストレスでお洋服を着られて最高に気持ちがいいってゆう・・

素敵なすてきな魔法なんだな~(^^)

って、初めてしりましたよ、さとママ36歳(笑)

 

しかもしかも、体型の変化でお直しもしてもらえるんだそうですから

本当に一生もののお洋服が作れると思いました。

 

丁寧に作ってもらったものを

一生をかけて大事に使わせてもらう。

これ「エシカル」以外の何物でもないですね。

 

生地によって、雰囲気も全然変わるので、サイトを見ているだけで楽しいです♪
(あっ、私が作ってもらったやつも載ってる♡)

 

着心地ももちろん抜群、

洗っても、くるくる丸めて仕舞っておいても皺にならないなんて

ジャージー素材ばんざーい!!です(笑)

(わたしのような雑な方にはぜひおすすめしたい~(笑))

 

次こそは!冒険の1枚、作りたいな~(^^)/

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎