スポンサードリンク

子どもの野菜嫌いは克服できる!③

野菜嫌い,克服

子どもの野菜嫌いは克服できる!②のつづきです(^^)

子どもに野菜を食べさせる一番かんたんな方法♪

野菜をあまり食べてくれないお子さんでも

案外、そこまで”嫌い”ではないことも多いような気がします。

”別に好きじゃない”くらいの。

小学生くらいになれば、嫌いなものは本当に嫌いなんでしょうけど。

小さいお子さん(1歳~4歳くらいでしょうか)なら、

「応援」するだけで食べれちゃうことも多々です(^O^)

 

「ガンバレガンバレ○○(お子さんの名前)♪~~ガンバレガンバレ○○~~♪」

楽しく応援してあげると、喜んで大きなお口にぱくっと。

ぜんぜん、まずそうにすることもなく(笑)

イヤイヤ期のお子さんなんかには使える方法なので、試してみてください(^^)

 

あっ、あと、イヤイヤ期のお子さんだと

「いらっしゃいませいらっしゃいませ~~○○(嫌いなものの名前)はいかがですか~?
今日の○○は安いですよ~~」なんて言ってあげると

「はーい、くださーーい」

と喜んで飛んできてくれたりしますね(^O^)(子どもってなんて可愛いんだろう・・笑)

そして一口食べたら

「はい、100円です。また来てくださ~い」

なんて、言っておくと、何度も買いに(食べに)来てくれたり(^^)

子どもはいつでも楽しいことが大好きですね(^^)

 

我が家は普段はこうしてます

ちなみに我が家では、今は普段からコース料理方式は取り入れていないですが

基本的に最初は好きそうなものはほんの少ししか入れません(^-^;

相変わらずお味噌汁はあまり進んでは飲んでくれないので

全部空っぽになったら(好きなものを)”おかわり”できるよ~

としています。

どうしても好きじゃないものもやはりありますが

半分は食べてねー、とか、

一口は食べようねー、とか、

前述の「応援」をすればいまだ5歳児でもパクパク食べてくれたり・・(笑)

 

あとはやっぱり嫌いなものを食べられたら褒めてあげることは大事ですよね(^^)

保育園に来ているお子さんで、

最初は本当にぜんぜん食べなかったのに(食自体が細くて)

半年もたてば、バクバク食べておかわりしているような子は

きっと、先生たちに褒められたことが嬉しくて

どんどん食べれるようになったのもひとつじゃないかな~と感じることがあります。

集団の力も多々ありですけれど。

 

他にも、こんな方法もオススメです!などご意見・ご感想ありましたら

ぜひお気軽にコメントください~(^^)/

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎