スポンサードリンク

『圧殺の海』を観てきた~辺野古のいま~

先日、映画『圧殺の海』を観てきました。

圧殺の海
実行委員会さんの働きかけで、新聞3社が上映会についてとりあげたこともあってか

80席満席の会場、1日4回公演で、なんと313名が来場されたそうです。

**************

毎日新聞→ドキュメンタリー「圧殺の海」さいたま、所沢で上映

東京新聞→「辺野古基地反対」住民の闘い迫った「圧殺の海」さいたまと所沢、14日上映

朝日新聞デジタル→辺野古のいま 考えて

**************

これだけ沢山の人が沖縄に心を寄せてくだっている。

実行委員長さんも最後の挨拶では涙を流しておられました。

上映会後には、映画の水中撮影を担当した相馬由里さんから最新情報のお話もありました。

とても貴重なお話を聴くことができたので、ぜひシェアをさせてください。

 

ところで、沖縄・・

綺麗な空と綺麗な海、美味しい食べ物、そして陽気な人々

なイメージがすごくありますよね~(^^)

真っ黒のおばあが大口開けて(笑)ガハハハ~~~と笑っているような。

でも、その裏にはどんな現実があるのか、ご存知ですか??

 

沖縄には、日本に存在する基地のなんと74%が集中しています。

どうしてでしょうか?

アメリカ側は「海兵隊基地は日本国内のどこでもいい」

と言っているんですよ~。

実際にアメリカ政府は北海道や山口県に

海兵隊員の移転を提案した過去もあります。

それなのになぜ74%もの基地が沖縄に??

理由はひとつ。

日本政府がそうさせているから。です。

他県に移設すると猛反対が起きるだろうと政府は恐れている。

つまり、、

意図的に、沖縄に基地問題を押し付けている

んですよね(+o+)

本土の人間の目が届かないところに。

マスメディアにも報道させないことで、さらに目を届かなくしている。

 

 

私は昨年、これまた沖縄の基地問題を取り上げた

『標的の村』という映画の自主上映会を行いました。

この映画のキャッチコピーになっている文章に↓

 

2012年9月29日。

アメリカ軍、普天間基地は完全に封鎖された。

この前代未聞の出来事を「日本人」は知らない。

 

とあります。

2012年9月29日、沖縄で一体どんなことがあったのか・・ご存知でしょうか。

映画を観ると本当に衝撃です。

こんな大事件!!が起こっているのに

本土では一切報道されていない。

報道されていない、ということに悪寒さえ感じます。

気になる方はぜひ上映会に足を運んでみてください→上映会スケジュール

 

こういう映画(『圧殺の海』にしろ『標的の村』にしろ)を観るのは

すごーく苦しいですよ(>_<)

ものすごーく憤りを感じるし、

ものすごーく悲しいです。

 

感じやすくて、テレビのニュースやなんかでも苦しくなるのが

耐えれなくなり、「あぁ、テレビやめよ」

と10年ちょっと前に突如テレビ断ちをした私ですから(;´∀`)

『圧殺の海』もだいぶ覚悟をして、観にいきました。

上映会とちゅう、胸が痛すぎて、目を閉ざし、瞑想状態に入りかけてしまいました(汗)

でもね・・・

こういう”事実”を知ることは本当に大事だと思います。

 

『標的の村』をみて、初めて基地の問題を知ったとき

これまで沖縄に押し付けてきて(任せきりにしてきて)

あーーーほんっとうに申し訳なかったなーーーーー(T_T)(T_T)(T_T)

と涙がとまりませんでした。

 

これは、日本人全員で向き合わないといけない問題だと思いましたm(__)m

 

苦しいから

とか

悲しいから

とか

マイナスの波動が・・(笑)

とか、言ってる場合じゃないです。

(私の場合ね。。すぐ逃げたくなっちゃう( ;∀;))

 

基地の問題について、これから初めて”知ろう”とする方には

『標的の村』がオススメです。

各地の自主上映会スケジュールはコチラをご参照ください。

 

あぁ、長くなりすぎて、相馬由里さんのお話シェア(本来の目的!)が

書けませんでした(;´∀`)次回へつづきます。

 

**************

ちなみに”報道”について

近頃は新聞社だと東京新聞、朝日新聞、

テレビだと、テレビ朝日を中心にだいぶ報道されるようになってきたということを

仲間から耳にします。(私はテレビも新聞もみないので(^-^;)

より沢山の方が関心をもつようになってきている。と言うことは紛れもない事実ですね!!

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎