スポンサードリンク

『圧殺の海』を観てきた~辺野古のいま~②

『圧殺の海』を観てきた~辺野古のいま~のつづきです。

前回書けなかった、相馬由里さん(現地で抗議行動を行っている

平和丸の船長さん)からうかがった最新情報を中心に書いていきたいと思います。

 

沖縄の辺野古では現在、新基地建設予定地で

海底調査が行われています。

現在22か所の調査が済み、あと3か所が終れば

実際に海に土砂が流し込まれるんだそうです。

圧殺の海

この美しい海に。

圧殺の海

この!美しい海に!!(>_<)

埋め立て予定地にはジュゴンのエサ場もあるんだそうです。

もしも作るものが「基地」でなかったとしても

やっぱり私は、この美しい海を破壊する行為は

どう考えても、反対だなぁ・・(T_T)

 

工事の邪魔をさせないように、周りを囲っているフロート。

1重ではカヌーで抗議している住民たちが乗り越えてきてしまうので

今は4重5重になり、さらに頑丈になっているそうです。

フロートの中に入ってくる住民たちを排除する際に乱暴なことをしていると
(怪我人も実際に出ています)

ニュースでも何度か取り上げられている海上保安官たち。

海上保安官といえば、ドラマ『海猿』で一躍有名になり

海の安全を守りたいと入ってきた若者も沢山いて・・

彼らのなかにはフロートの中に入ってきた住民に対して

「捕まえたくないから早くあっちに行って」

とコッソリ言ってくるような方もおられるんだそうです。

 

誰が一体なんのために基地なんか作るんだろう?

どうして闘う練習なんてするんだろう?

 

どうしてアメリカのための施設を

日本が莫大な税金を使って作ってる?

どうしてアメリカのために日本の税金3600億円も使って

戦闘機を購入するんだ?

 

 

あぁぁあ、ナゾ。

 

 

沖縄県の人口は142万人。

私が住む、さいたま市の人口が126万人。

 

このさいたまにほんの少し毛の生えたくらいの数の住民が

もう、何十年もずっと闘い続けてるんだよね。

国の中心から遠く離れた場所で

本土の人間の目が届かないところで。

 

わたしたちは、もう沖縄の人たちだけに

この問題を押し付けているのはオシマイにしないといけないと思う、うん。

日本の平和は”誰かの犠牲”の上に成り立っているものだってこと

目をそむけちゃいけないね(自分に言い聞かせてる)。

 

映画監督の宮崎駿氏が共同代表をつとめる辺野古(新基地阻止)基金

2015年4月9日に設立され、3週間で1億円を超え、5月14日で2億円を超え、

6月7日で3億2700万円が集まってる!!スゴっっ!

 

わたしにできること。

まずは募金かな、少しでも。

守りましょう~~キレイな海を(^^)

圧殺の海

 

スポンサードリンク

関連記事

Comment





Comment



FX基礎